老化対策 一覧

若肌SOSセレクト ハイドロキノンクリーム市販品について

赤ちゃん肌をめざすならやっぱりハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンクリームの市販品

ハイドロキノンでもう隠さなくていい
ハイドロキノンで素肌革命
予防は出来ないか?
注意事項
地面も注意
早めの対処
ピンポイントケア
お守り市販のハイドロキノン
プラスナノHQクリーム2本
お得な特典
ハイドロキノンクリームの市販品
実感の市販のハイドロキノン
実感クリーム
実感の市販のハイドロキノン

実感の市販のハイドロキノン

ページの内容についてのキャッチコピー文章を紹介します。
画像がエラーになる場合にご参考になれば幸いです。

若肌SOSが選んだ美容ケアクリーム!
「ファンデ」や「コンシーラー」に限界を感じている方は、「もう、隠さなくていいです!」
美容通も大人気のハイドロキノン4%配合クリーム隠素肌から、魅せ素肌へ 美容ケアクリーム ハイドロキノンのご紹介です。

もっと素肌力をアップさせたいなら隠してしまうのではなく「魅せる肌革命」をはじめませんか。
隠す必要のない無地肌へアップする、ハイドロキノンクリーム(プラスナノHQ)市販品のご紹介です。
ハイドロキノン専門店

あなたは、もう試しましたか?いつものお手入れにプラス5秒!
いつものお手入れの最後に、隠したいポイント部分にポンッと載せるだけ。

それはまるで「魔法の5秒」ですね。

ハイドロキノンがあなたの素肌をもっと美しく見せます!
実感クリーム
あなたは「隠すことに、つかれていませんか?」
ハイドロキノンが隠したいポイントへアプローチします。
美容通ならしっている!知る人ぞ知るハイドロキノンはただの美容ケアクリームではありません。市販ではなかなか入手できない4%配合での安定化を可能にしたプラスナノHQ!
お届くほど小さくたった5gしかありません。

ハイドロキノンは成分の特性上とても酸化しやすいのです。その為、より安心してご使用
いただけるよう、1ヶ月で使いきれる設計になっています。
また、極力酸化を抑えるため、チューブタイプの設計になってます。

小さくても頼りになるクリーム!約70%の人が実感してます。

※ハイドロキノンはごく一部の方はお肌にあわないと言われています。
パッチテストをして、問題なければポイントケアとして利用すると力を発揮します。
4%配合の市販のハイドロキノン配合クリームなら、ごく少量で十分な力を発揮します。

初めての成分かもしれませんが、実は人気ものの正体「ハイドロキノン」は美容通はすでに注目していたのです。

プラスナノHQのこだわりの成分は、「ハイドロキノン」はもちろんのこと、「パルミチン酸レチノール(ビタミンA)」「酢酸トコフェロール(ビタミンE)」「アスコルビン酸(ビタミンC)」を配合しプラスアルファのチカラを発揮します。

さらに、肌への吸収率をアップするためにナノカプセル化されたハイドロキノンは、角質層まで届きます。※整肌成分リン脂質の配合(ナノカプセル化)によりお肌のターゲットポイントでハイドロキノンが作用する設計

だから、もうコンシーラーはいらないんですね。美容通が納得!クロへアプローチするのです。

普段の若肌の心構えとしての注意!
「タイミングに、お気をつけください。」深く根付いた根っこは断ちにくいのです。

お庭や畑に雑草が生えていませんか?いくら表面的に刈り取っても根っこが残っていたらただの繰り返しにしかなりません。

大事なのは、根っこからしっかり引きぬくことです。生えはじめの、浅い根っこは引っこ抜きやすいですが地に深く、ながくながく根が張っていると一苦労します。
それは、お肌も同じことです。対処するなら「根本から」という事です。

「根本的に、徹底的に。深く根付く前に、はやめの対処をしましょう」
でも、どうしてかわかりますか?

よく聞く「メラニン色素」って本当に悪いやつなのでしょうか?
紫外線の刺激によりメラノサイト(メラニン色素産生細胞)へ司令が届き、生成されたメラニン色素により肌が紫外線から守られます。生成されたメラニン色素は、ターンオーバーによって角質層へ押し上げられ最後は赤となって肌から排出されます。

さて、予防は出来ないのでしょうか?メラニン色素を過剰につくらないように予防する方法と、ターンオーバーを促し、メラニン色素を排出する方法があります。

メラニン色素を過剰につくらないためには、まず日焼け止めや日傘などによる紫外線予防が大切。また、ターンオーバーを促すためには、サイクルを乱さないよう、「しっかりとした睡眠」
「ストレスを溜めない」「バランスのとれた食事」「ビタミンを摂る」など、日頃のちょっとしたシーンで心がけると良いでしょう。

「ちょっとだけだから、大丈夫」その油断が、肌に「黒い種」を蒔いてしまいます。
紫外線量がもっとも多い日中に行う日常の家事。1週間で浴びる紫外線量はなんと真夏のビーチで
1時間にうける紫外線量とほぼ同じと言われています。

ゴミ出し約5分、洗濯物約20分、買い物約20分、子どもと公園遊び約30分、ガーデニング約15分

「たった10分だけ」なんて、紫外線対策さぼっていませんか?
1年で換算した場合、60時間も肌を紫外線にさらしているのと同じ状態に!

さらに・・地面からも狙われています。
空から降り注ぐ紫外線は、地表にあるものに反射し、地面からも狙っているのです。
そのため、日傘だけでは紫外線からお肌を守ることはできません。

砂浜、水面やアスファルトは、反射率が高いため、日焼け止めでの予防を忘れずに!
新雪 80%、砂浜10%~25%、水面10%~20%、明日ファイルと10%、草地、土10%以下
※気象庁HPより

つまり、完全な予防は難しいから、できてしまったら早めの対処をおすすめします。

ホーム&エステケア

日々の丁寧なスキンケアが若肌キープの基本

冬まで残さない、夏のダメージ肌

連日のように暑かった今年の夏。 紫外線の量も多かったことでしょう。
それなりに紫外線対策をしていたものの、"うっかり日焼け"をしてしまった人もいたはず。
その"うっかり"の影響が、秋から冬にかけて肌の表面に表れてきます。 特に夏場にダメージを受けた肌ほど、早めのケアが必要です。ホーム&エステケアで冬に残さない積極的な肌対策を行いましょう。

冬場の健康肌を考えた"インナードライ"対策のポイント

夏のインナードライドチェック

夏場は紫外線や汗など、肌に悪影響を起こす様々な要因がありました。 特に紫外線を浴びたことによって、肌の内部では 〝見えないダメージ. が進行しています。その代表はコラーゲンの破壊です。

コラーゲンが壊れて、たるみやシワが肌表面に表れるようになって… という流れはゆっくりと気付かないうちに肌の内部で進行していきます。

では、それに早く気づくためのサインはないのでしょうか。その一つがインナードライ(内部乾燥)です。
「この夏強い紫外線を浴びた記憶がないのに、肌が乾く」
「秋を迎えてファンデーションが粉をふくようになった」
「乾燥肌になった気がする」など、そんな肌の変化を感じたら、それはインナードライ が進行しているサインだと思ってください。

ダメージを受けた肌のケアは、早ければ早いほど回復するまでの時間が短くて済みます。それでなくても年齢を重ねるほど、肌の回復力は低下しています。夏場の肌ダメージは、意識した時からしっかりケアをして、肌に大敵なシーズンとなる冬場に備えましょう。

夏の間、ついこんなことをしていませんでしたか?

室内にいるときは、紫外線ケアをしていなかった

外出するときは日焼け止めを塗って、しっかりメイクをしていても、家にいるときはノーメイクで過ごしていませんでしたか?
外では「紫外線を浴びている」という意識も強いため、しっかりとケアしていた人も、室内では「エアコンも効いて涼しい」という安心感から、紫外線ケアを怠りがち。

曇りの日でも、室内で紫外線を浴びてしまっています。特にエアコンの効いた室内で長時間過ごしていた人は、紫外線による乾燥とエアコンによる乾燥の影響が起きています。

汗の拭き方なんか気にしなかった

汗は、べたつきやニオイ・化粧崩れなど良いイメージはありません。でも夏場は汗をかくのが当たり前で、肌にうるおいを与えてくれていると勘違いしていませんでしたか?

もちろん汗は水分ですから、角質層を膨潤させてくれますが、同時に角質をはがれやすくしてしまっています。
制汗シートやタオル、ハンカチなどでこまめに拭いていた方も、 無意識に肌をこすったり、強く押さえつけるように汗を拭いたりしていませんでしたか? 角質は汗によって、ちょっとの力でもはがれてしまいます。角質層が薄くなればそれだけ乾燥が進んでいきます。

暑いのでついついシャワーで済ませてしまった

夏場は暑くて、湯船に浸かる気分にならず、ついついシャワーで済ませてしまいがち。
しかも一日に何度も浴びて、汗を流すためにその都度洗浄料を使い、ついでに洗顔料で顔もさっぱりという方もいたはず。
シャワーは身体にとって最適な温度でも、洗顔にはちょっと高めです。しかも何度も洗顔していると、必要な皮脂まで洗い流してしまうので、 肌の乾燥が進んでしまいます。注意しましょうね。

不要な角質を取り除く
化粧水の前に肌を柔らかく
浸透を高めるため、コットンをつかって化粧水を
水分の蒸発を防ぐため、クリームは忘れずにあとは日焼け止めも

しわ対策は保湿から

日々の丁寧なスキンケアが若肌キープの基本

真の保湿は肌内の水分確保から

シワ対策の第一歩として、肌の乾燥を防ぐこと・肌の保湿が重要であることがわかりました。
一般的な保湿剤には、角質層の水分の蒸発を防ぐ役割と、肌に浸透した水分を蓄える役割とがあります。

ほとんどの化粧品は美容成分を綺麗な水に溶かしているので、使うだけでも水分が肌に浸透していきます。ただし、ヒアルロン酸やセラミドのような皮膚内に水分を蓄える成分の働きが弱くなると、肌の表面に充分な水分が回らず、乾燥が早まってしまいます。「保水力を上げる」とは、この水分を皮膚内に蓄えておく力を高めることです。

最近では、サプリメントとしてヒアルロン酸やセラミドを摂取して、肌水分量が上がるというエビデンスが出てきました。これからは化粧品に加えて、サプリメントも上手く取り入れながら、より効果的な保湿ケアをしていきましょう。

シワ対策にGood

内側から保湿力を補強サプリメントによる効果

2大保湿成分と言われているヒアルロン酸やセラミドは、サプリメントとして補うことが可能です。
今まではどちらの成分も体内で消化・分解されてしまうと思われていましたが、継続的に飲むことで保水力が上昇し、保湿効果を得られることがわかりました。
真皮と表皮、それぞれ作用するポイントが異なるので、どちらも摂取するように心がけましょう。

みずみずしさの源はヒアルロン酸から

鶏冠や魚の鱗に多く含まれるヒアルロン酸は、真皮内でコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めています。
その保水力は、1gで最大6Lの水分を吸収するほど。 「ムコ多糖類」と呼ばれる成分の1つで、関節痛の改善のために使われてきました。
サプリメントにより肌の水分量が増加したとの実験結果から、1日150mg 程度を補給することが推奨されています。

ヒアルロン酸

セラミド補給で敏感肌を改善

米ヌカやコンニャク芋に多く含まれるセラミドは、角質層の細胞間脂質に約50%含まれる成分で、肌表面のバリア機能を担っています。
化粧品にも使われていますが、サプリメントで補うことも重要です。
乾燥肌や敏感肌に対し、サプリメントを摂取し改善された研究結果があり、アメリカでは1日60mg程度の摂取が推奨されています。

セラミド

化粧品は成分の大半が保湿成分で作られる

ゲルやクリームのような化粧品基剤(化粧品を構成している、もとになる原料)には保湿成分が含まれています。
さらに、より保湿効果が高い機能性成分の探索と開発が日々進められています。

 

ヒアルロン酸よりも保湿力が高いPGA

ヒアルロン酸は保湿力アップ成分として非常に知名度が高いですが(ラシャスリップスなんかはクリニックでも非常に人気です)が、植物エキスや脂溶性ビタミンなどの溶剤として配合されているグリセリンやPG(プロピレングリコール)・B G( ブチレングリコール)は、保湿効果も備わっています。 また、製品の滑りや伸びを良くするほか、ヒアルロン酸との相乗作用で保湿力が高まるとの報告もあります。
これらは肌への刺激が極めて少なく、古くから使用されています。

近年、ヒアルロン酸よりも保湿効果が高い成分として、PGA(γ―ポリグルタミン酸)が注目を浴びています。 納豆のネバネバを生み出している主成分で、N M F( 天然保湿因子)の産生を促す効果についての研究も行われています。PGAは肌への浸透力も高く、保水力もヒアルロン酸の9 倍あると言われています。

PGA

保湿のデータグラフ

※左図「▲北海道大学の研究グループは、ヘアレスマウス(毛の生えないマウス)
の皮膚の乾燥度合いを調べた。( B )のグラフは水分蒸発量を測定しているため、グラフが低いほど保湿性が高いということになる。」参考文献:Kiyomi T. et al. J. Dermatol. Science. ; 44: 101-7.(2006)

※右図「▲2008年、アメリカ生物社会医学研究所から、ヒアルロン酸を経口摂取
した際の体内循環についての発表。ヒアルロン酸摂取10数分後から肌の水分量が増加し、その効果は約2日継続した」参考文献:KBalogh L. et al. J. Agric Food Chem

シワ対策にはやっぱり保湿

老化の進化を遅らせて、年齢以上の若さと美しさを維持

乾燥した肌は角質層の隙間から水分が抜けて、バリア機能が低下している状態です。シワ以外に、くすみやニキビの原因にもなります。

つまり、保湿をしっかり行えば、若々しい肌を維持するだけではなく、健やかな肌を維持することにも繋がっていくのです。

 では実際に、保湿によってどの程度のシワまで改善できるのでしょうか。 真皮まで達していないちりめんジワや小ジワなら改善できる可能性大です!
 さらに表情ジワや真皮のシワの原因も、多くは乾燥です。少しずつ肌質を変え、潤いを取り戻していけば改善されます。

肌の保湿力は年齢を重ねるごとに低下するため、実際には「保湿の貯金」を使うことで潤いを維持している状態です。その貯金を最も消費しているのがクレンジングや洗顔です。

洗顔の回数を増やしたり、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を使うことでも乾燥を早めるので、注意すべきです。実は「落とす」「洗う」ことを見直すことは、高機能クリームや美容液を揃えるよりも重要なのです。

 保湿をしっかり行なっていれば、ちりめんジワや小ジワならすぐに改善し、肌のハリを取り戻すことができます。また深いシワも改善されていきます。

特別なケアでなくとも、毎日のクレンジングや化粧水・乳液の使い方を変えるだけで肌は必ず変わっていくのです。

シワならこれ

肌の潤いを守る効果的な方法

 保湿の基本は保湿力の高い化粧水で皮膚に水分をしっかり入れ、油分のある乳液やクリームで潤いを逃がさないようにフタをすることです。

そして朝晩の基本ケアに、日中の保湿ケアをプラスしましょう。化粧水を含ませたコットンでメイク直しをすれば、乾燥した皮膚に潤いを与えられるうえ、メイク直しもきれいに仕上がります。

手軽さを求めるならば、保湿力を兼ね備えた化粧水(オールインワンゲル)などが便利です。近年では、ビタミンC誘導体配合のオールインワンタイプのゲルも販売されており、ビタミンと保湿の両方を兼ね備えたビタミンゲルなどは人気ですね。

 また、剥がれ落ちずにこびりついた角質がシワの原因となっている場合があるため、古い角質を取るケアもプラスすると、より効果的です。正常なターンオーバーを促進することもシワ対策につながるからです。

さらにローションパックや週1・2 回集中ケアできるシートマスクでゆっくりケアすることもおすすめです。リラックス効果に加えて、皮膚に十分な水分を与えられ、皮膚が回復します。

保湿のためにおすすめの生活習慣

皮膚表面の保湿に加え、体内からのアプローチとして水分補給が重要です。体内の水分が不足すると血流が悪くなり、うまく栄養が行き渡らなくなるため、健康な皮膚組織が作られなくなります。

また美肌作りに欠かせないビタミンA・B・C・Eとたんぱく質を食事でしっかり摂ることも大事です。 どんなに高価な美容成分でも、肌の土台がそれを受け止められなければ、充分な効果は得られません。しっかりとした土台作りには質の良い睡眠も必要です。

大人になると成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されないので、日中に受けたダメージを回復させるためには、どれだけしっかりと睡眠をとれるかが重要になります。睡眠時間は6時間以上、ある程度決まった生活サイクルを保つことが、若々しく、シワのない美肌をキープさせる秘訣です。

美肌の習慣

マイクロニードル技術(ヒアルロン酸を針状にした美容シート)でふっくらへ

忙しくて不規則な生活のため、じっくりとしたシワ対策が出来ない方はご相談ください

福井でシワ取りなら大名町スキンクリニックへ
メスを使わない施術であなたのシワ悩みを解消致します。

PA++++とは

PA4+について学ぼう

PA++++

しみの原因をシャットアウトするPA4+ (PA++++)の表記が2013年1月に解禁

※PAとは、UV-Aのみを浴びた後の“黒くなりにくさ”を表す数値であります。

日焼け止め関連商品に、PA+やPA+++ という表記があります。これは「UVAPF」を元に+の数で表示されて、
+の数が高いほど紫外線防止能力が高い、つまりお肌が黒くなりにくいという事を表しております。

※お肌が黒くなるのは紫外線からお肌を守るためにメラニン色素を排出するからです。しかし、さまざまなストレス要因によって日焼けにより皮膚が老化し、シワ・シミ・そばかすの原因となりますので、日焼け止めによるスキンケアは大切です。

<PA分類表記例>
PA + 「効果がある」
PA ++ 「効果がかなりある」
PA +++ 「効果が非常にある」
PA ++++ 「効果が極めて高い」

数値が高いほど紫外線防止能が高いとされています。

表記のもとになる「UVAPF」の値って何?

UVAPFは、これまでPFAやPPDと呼ばれていた数値に相当します
UVAPF=UVAProtectionFactor
cf.SPF=Sun Protection Factor

「UVAPF」とは、製品を塗布した皮膚が持続型即時黒化を起こす最低の紫外線量 の値を製品を塗布しない皮膚が持続型即時黒化を起こす最低の紫外線量の値で割った数値です。

日本におけるPA++++導入の経緯は?

UV-Aの影響が繰り返し報告される技術の進歩により、高UVAPFの処方が可能になりました。

2011年、国際標準化機構(ISO)が国際標準としてin vivoUV-A 測定法を設定し、UV-A防止能の高い製品に対する消費者ニーズの高まり、以上より、日本化粧品工業連合会は、ISOが採択した国際標準法に移行、さらにPA++++も設定し、消費者ニーズに応えることとなりました。
※日本では、PA++++が表示できるのは、UVAPFが16以上の製品です。

そして、いよいよ2013年1月1日より、新しいUV-A防止能力の表示として“PA++++”が導入されよりUV-A防止効果の高い製品を選びやすくなりました。

強力なPA+++でUVAを防御!そして、PA+も

UVケア製品には、PA+等の表記以外に「SPF」という表記があると思います。
SPF値は上限を「50+」とした数字で表示され、これは「UVB」を抑制する効果を表す表記です。
「PA」の表記で防がれる「UVA」と、「SPF」の値で防げる「UVB」についてみていきましょう。
日焼止め製品(UVケア用品全般)には、UVA、UVBを防止する力があります。

UVAとUVBの違い

「UVA」のおさらい

紫外線(人間の眼では見えない光)のなかには、お肌の奥深くまで浸透してしまう光があります。それがUVA(波長が長い光)です。このUVAは皮脂のおくふかくまで入り込み、細胞にダメージを与えるため、ダメージをカバーするためにお肌の中の細胞がメラニンという色素を分泌します。これが実はシミ、しわ、たるみの原因になるのです。

このダメージは、通常2週間のお肌のターンオーバーにて改善され、元通りになりますが、年齢の低下とともに正常なターンオーバーがなされずに、シミとして残ってしまいます。これは、PAの表記が高い製品により抑制出来ます。もっともUVAを抑える事ができるのは、先に紹介したとおりPA++++(+が4つ)の製品です。

UVAとUVBの違い

「UVB」のおさらい

UVAとは違いは、波長が短い光(UVB)である点と、お肌の表面にダメージを与える紫外線であることです。

UVAとUVBの違い

これはSPFの高い製品により抑制出来ます。

ラロッシュポゼの日焼け止め一覧

UVイデアXL、UVイデアXLティント、UVイデアXLBB(BBクリーム ライト色、ナチュラル色)、アンテリオスXL、アンテリオスXL フリュイド、アンテリオスXL フリュイド ティント、アンテリオスキッズ、アンテリオスキッズボディ、アンテリオスXL スティックです。メーカーでもパッケージは順次記載していくと思われます。

現在、日本でPA4+の日焼け止めと言えば、ラロッシュポゼの日焼け止めシリーズがいち早く導入!
全国の皮膚科で採用されている敏感肌でも安心の日焼け止めです。大名町スキンクリニックでも人気ですね。また、これでもちょっとお肌と合わないな・・という方には、2017年から特に注目をあつめている飲む日焼け止めといわれるサプリメントは如何でしょうか。肌に塗るのではなくサプリメントとして体の内側からサンバーンに対応するものになりますので、こういったサプリを利用するのもよいでしょう。

ラロッシュポゼの日焼け止めシリーズはこちらです。

PA値について

美容医療とは

即効性を求めるなら、信頼のおける医療機関での美容医療が一番

美容医療とは肌トラブルや老化、体型の崩れを解消するために、病院やクリニックなどの医療機関で行う治療のこと。エステサロンで行われる施術とは区別されます。

美容医療の技術の進歩でリスクも少なくなり、外見を整えることへの関心もますます高くなりました。
美容医療というものは、美容外科手術だけではなく、皮膚科的治療・老年内科的治療・眼科的治療・耳鼻科的治療・泌尿器科的治療など、その分野は多岐にわたります。

いわゆる"美容整形"の外科手術も美容医療に含みますが、最近は、注射や薬剤塗布など、より負担の少ない方法による治療が増えてきました。
基本は「自由診療」。健康保険が適用できないケースもあり、治療費のすべてが自己負担となる場合もあります。

◆アンチエイジング~にプラセンタ注射

厚生労働省のページにもあるように美白、保湿、細胞の増殖再生、コラーゲンの生成等さまざまな若返り効果が期待されます。

◆シミ治療~レーザー治療

エネルギーの強い光線を色素細胞にピンポイントに照射し、メラニンを破壊することでシミやソバカスを取り除きます。健康な皮膚を傷つけることなく短期間で効果が現れます。

◆シワ治療~コラーゲン注入

シワの原因であるコラーゲンの減少を補うために合成のコラーゲンを注射します。ほうれい線や額、目の下のシワに適しています。皮膚から注入された成分は体内で吸収されるために効果は4~7ヶ月間。

◆シワ治療~ヒアルロン酸注入

皮膚の真皮内に存在する保湿成分、ヒアルロン酸を注射で補います。形状は無色のゼリー状で、注入後の異物感が少なく濃度を変えることで顔のどの部分にも対応できます。効果は4~6ヶ月間。

◆シワ治療(表情ジワ)~ボツリヌス菌毒素注入

目じりのシワ、額の横ジワ、眉間の縦ジワなどの表情ジワに有効。神経毒の一種でこれを注入すると筋肉が麻痺し、その部分の筋肉が動きにくくなるためにシワがほとんどできません。効果は4~6ヶ月間。

◆たるみ治療~光療法(IPL)

人工の光を利用した治療。真皮層まで光エネルギーを到達させコラーゲンやエラスチンをつくりだす細胞を活性化させます。新陳代謝が高まり、たるみ、シワ、シミが解消され、ニキビもできにくくなります。

オススメサーチリンク

ラロッシュポゼって知ってます?フランスブランドですが皮膚科医での採用が多い敏感肌さんのためのコスメです。楽天はこちら!http://www.rakuten.ne.jp/gold/pycno/lrp/

スキンケアとはその考え方

日々の丁寧なスキンケアが若肌キープの基本

加齢による肌トラブルは、程度の差はあれど誰にでも起こるもの。特に30歳を過ぎると老化の原因となる活性酸素を消去する能力が衰え、肌の新陳代謝が悪くなってきたり、肌のハリや水分を保つコラーゲンやヒアルロン酸、セラミド量が減少してきます。

しかし、ビタミンやミネラルなど肌の健康を保つ栄養を積極的にとりつつ、生活習慣を改善し、良質で合成物の少ないスキンケアを選択することで、ある程度肌に与えるダメージを防ぐことができます。

毎日のスキンケアをアンチエイジングのためのスキンケアで重要なキーワードは美白成分、肌再生の成分、保湿成分、抗酸化成分、紫外線対策の5つ。
ビタミンCやハイドロキノン、アルファ アルブチンなどの美白成分をはじめ、レチノイン酸やイソフラボンなど肌の再生を促す成分、セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分、抗酸化力の高い植物性ビタミン「OPC」といった有効成分を含む化粧品をチェックし、肌悩みにあったものを上手に使うことが効果的です。

若肌を保つ基本は、まず正しい洗顔とスキンケアを毎日欠かさず続けることから!! 季節や気温、湿度の変化など、肌を取り巻く環境と肌の状態を敏感に察知しながら、最も効果的なスキンケアを持続できるよう意識的に取り組んでいきましょう。

夏の乾燥は気づきにくくダメージをためこみやすい

「夏って肌が乾燥している感じがしない」という方、多いと思います。実はそこが夏の乾燥肌の落とし穴。クーラーや扇風機の風、日焼けなど、夏は肌から水分を奪う要素で満ちあふれています。そんな過酷な環境なのに、汗や皮脂が増えるせいで見た目には分かりづらい…。だから夏の乾燥肌は怖いのです。

肌が乾燥した時、気をつけなければならないのが「シワ」。シワには大きく分けて3つあります。 ①肌表面の浅い「ちりめんジワ」、②表情筋の収縮によってできる「表情ジワ」、③ほうれい線などのたるみが原因でできる「真皮のシワ」です。

これらのシワのうち、素早く改善できるのは、ちりめんジワくらい。乾燥を放っておくと、シワはどんどん深く刻まれていくので、保湿ケアは入念に行いましょう。

シワの種類 スキンケアで差が出る

また紫外線も、シワに大きな影響を与えています。特に紫外線A波は肌の奥にまで届き、ハリや弾力を支える組織を傷つけてしまいます。そこに乾燥が加わるとどうなるか…。 日焼け止めはシワ防止の点からも、ぜひ忘れないでほしいお手入れです。

夏の乾燥肌のお手入れを怠ると、秋以降に蓄積されたダメージが表面化して、トラブルが続出する危険性があります。日頃のケアはもちろん、夏が終わるこの時期こそ、保湿トリートメントで肌の疲れを取り除き、しっかり回復させましょう

[PR]ドクターズコスメ「ダーマメディコ」は敏感肌やアトピー肌の方のためのお肌にやさしいスキンケア用品です。もし、アトピーにお悩みの方がいれば、是非お試ししてください。
ダーマメディコ通販サイトはこちらへ

カクテルビタミンってご存じ?ビタミン豊富なドクターズコスメのDr.K。美容皮膚科学と化粧品化学が生み出した新スキンケア、ドクターケイ

シミの原因と紫外線対策

基本は日焼け止めクリームによる紫外線カットが一番

紫外線はシミや肌老化の原因の一つです。
特に紫外線A波(UV-A)は肌の奥(真皮)にまで到達し、肌のハリや弾力をキープするコラーゲン線維やエラスチンを傷つけてしまう上、真皮層でこれらを生成する線維芽細胞にダメージを与え、コラーゲンやエラスチンを生み出す力も衰えさせます。

このほか、肌のシミやくすみを生み出す紫外線B波(UV-B)も美白の敵!!
紫外線ケアをすることは、美肌作りの第一歩と言えるでしょう。

UV-Bは天気や季節により照射量の変動がありますが、5~9月頃が最も注意すべき季節。一方、UV-Aは曇りの日や室内、車の中にまで届き肌にダメージを与えてしまうので、一年中日焼け対策を行う必要があります。

日焼け対策にはまず日焼け止めを塗ることが最も簡単で続けやすい対処法ですが、敏感肌や刺激に弱い肌の人にとっては、日焼け止めに含まれている紫外線防止成分の紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が肌トラブルの原因になることもあり、日焼け止めを選ぶ際にはその成分に気をつけることも重要です。

SPFやPAの数値が高いと肌への負担も大きく、毎日の洗濯や1時間以内の外出など日常生活では、SPF20以下、PA+でも十分紫外線は防げると考えられています。
日差しが強ければSPF30、マリンスポーツやスキーなどに出かける際はSPF50でしっかり日差しをブロックしましょう。

また、うっかり紫外線をあびてしまったなら、すぐに美白効果の高い美白剤でのケアが必要です。
美白剤にはメラニン色素の成長を抑える効果があるので、できるだけ早く使い始めることが大切です。

ケチらず、たっぷりと肌に成分を浸透させましょう。

SPF値・PA値って

SPF値とは、UV-Bをどのぐらいカットできるかを表した値。サンバーン(皮膚を赤くする日焼け)を起こすまでの時間を延ばす力を表しています。
PA値とは、UV-Aをどのぐらいカットできるかを表した値。サンタン(皮膚を黒くする日焼け)を起こすまでの時間を延ばす力を表しています。

ありがちトラブル 紫外線対策を怠ったうっかり日焼け

どんどん紫外線が強くなってくるこの頃、リゾートへ行く方はもちろん、旅行中は観光も含め外を歩くことが多いですよね。

そんな時、うっかりとしっかり日焼けなんて嫌ですよね。必須の日焼け止めクリームと一緒に使うと便利な、旅行中の紫外線対策アイテムもありますし
うっかり日焼けには注意して下さい。

日焼け止めスプレー
気づいたら、鞄から取り出してすぐに"シュッ!"と手軽に日焼け対策完了です。

UVカット機能つきの長袖はおりもの

旅行先でもしわしわを気にせず、くるくる丸めてバックに入れておける羽織ものが1枚あれば、日差しから肌を守ったり体温調整したりとなにかと便利ですね。

一枚あるのとないのとでは、全然違います。又、リゾートでは帽子とサングラスも準備しておくべきものでしょう。

ありがちトラブル 予想外の乾燥

移動に使う飛行機や電車、又はホテルの室内などは、季節に関係なく乾燥していますが、以外に見落としがちではありませんか?

過度な乾燥はのどにも美肌にも大敵です。そこで便利なアイテムをご紹介。

携帯用小型加湿

見た目も小さくてかわいいく、電気を使わない自然気化式に加え、小型で持ち運びも簡単なのでとっても便利です。

使い方はとっても簡単。二つ折りの本体を開くと中から折りたたまれた紙や不織布が表れ、水を入れるだけでゆっくり空気中に水分を発散させていきます。

旅行中の乾燥お肌にはこれ!1枚ずつパックになった使い捨てのシート状の美容液が便利です。

みんなでパックしながら夜のおしゃべりタイム…見せられないけど、お肌も心もリフレッシュなんてのもいいかも。

みなさん、しっかりと紫外線対策をして下さいね。若肌を保つには必要な努力ですよ!

メラニンの異常生産=シミ

「なぜシミができたか」シミの原因が分かればピッタリの改善策が見つけられる!

シミのできるメカニズム(シミの原因)を知ろう。

シミの種類や範囲、シミの原因や肌のタイプによって最善のケアが変わってきます。理想の対策を手に入れるために、まずはメカニズムを理解しておかなければなりません。下の図はシミができるまでの過程を表しています。

シミは「シミ作り出す要因」と「シミを肌に残す要因」の二段階で作られます。
どちらか一方でも解消されれば、シミはできにくくなります。

シミが出来る過程

「シミを作り出す要因」は、紫外線や加齢によるDNAの損傷が蓄積したメラノサイトがメラニン色素の異常産生を引き起こし、これがシミの本体となります。

対して「シミを肌に残す要因」は、体調不良やホルモンバランスの乱れ、精神的ストレスなどにより、ターンオーバーが乱れることにより発生します。このメカニズムから、シミを改善するためのアプローチとして、メラニン色素を作らないようにする方法と、ターンオーバーを促す方法がわかると思います。

 

また、それぞれの予防策としてコスメやサプリメントによる栄養の補給があります。ただし、ホルモンバランスの乱れや体調不良などの要因がそれぞれどの程度関与しているかについて分析が難しいとされています。学術的な根拠(エビデンス)をベースにした、より確かなシミ対策を行うために、メラニン色素の産生に対する対処法が重
要となります。

シミの本体となるメラニン色素は、メラノサイトが紫外線老化(体内で作られた過酸化物)により刺激を受けることで作られます。シミの名称は部位や形状で変化しますが、基本的なメカニズムに大きな差はありません。肝斑は女性が圧倒的に多いため、女性ホルモンの乱れが大きく関わっていると考えられています。

以上の事から、「メラニンの異常発生」を抑える事と、お肌の「ターンオーバーを促す」事がシミを薄くする事につながるとされています。

「メラニンの産生を抑える」薬剤の1つとしてはハイドロキノンやルミキシルペプチドという成分があり、これらが配合されているドクターズコスメ(メディカルコスメ)が注目されています。

食生活と肌荒れ

三食バランス良い食事が
若々しい体に必要不可欠

食は命の基本。
食生活が乱れると栄養のバランスが崩れて肌が荒れてしまい、特に女性の肌にとっては、バランスのよい食生活でなければせっかく優れた化粧品を使っても効果を存分に発揮できません。まずは三食きちんと食べる習慣を身に付けましょう。

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルという人間の体に必要な5大栄養素の中でも、野菜や果物に多く含まれるビタミンや、海藻類に多く含まれるミネラルは女性の肌にとって非常に大切。

特に、老化を遅らせ、生活習慣病を予防する作用のある「大豆サポニン」や、肌のみずみずしさを保ち、メラニン色素の沈着を防止したり、コラーゲンの合成を促す「ビタミンC」、老化の原因となる過酸化物質をできにくくし、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれる「ビタミンE」は美肌作りのため積極的に摂りたい栄養素のひとつです。

このほか、「コエンザイムQ10」や「αリポ酸」といった栄養素も、アンチエイジングに効果があると注目されており、
これらを含む食品を積極的にとることも若肌作りには効果的と言えます。

間違ってもノロウイルスなどはしっかり予防したいものです。ウイルスは特に腸内環境の悪化をもたらす病原菌のため、腹痛や下痢などの疾病症状はもちろん、肌や髪などが一番に悪化します。肌エイジングするまえに、食生活と健康には十分注意しましょう。

肌に有効な栄養素が含まれる食べ物
ビタミンC
ビタミンE
大豆サポニン
コエンザイムQ10
αリポ酸

ニキビケアについて。ニキビの原因を徹底解剖「ニキビってなに?」

生活習慣とは?ターンオーバーを考えよう

生活習慣を変えると、肌質が変わる

毎日規則正しい生活をしていると肌もそれに習い、ターンオーバーを順調に繰り返すと言われています。美容、健康のためにも規則正しい生活習慣を身に付けて、シミやくすみを事前に予防しましょう。

肌は、寝ている間にしか再生されません。皮膚細胞というものは、表皮の奥の基底層で生まれ、成長(細胞分裂)しながら皮膚表面に移動して角質層を形成します(角質はやがて垢となってはがれ落ちる)。この細胞分裂の繰り返しこそが、きれいな肌を保つための基本です。ところがこの細胞分裂は人が寝ている間にしか起きないことがわかっています。

徹夜明けの肌には昨日の古い細胞が残ったまま。これでは化粧のりが悪いのも当然です。

肌再生が活発に行われるのは、夜に寝入ってから最初の3時間。その間、日中は脳に集中していた血液が内臓や肌に流れ出し、せっせと細胞分裂が行われます。

寝る女性平日は忙しくてどうしても睡眠時間が確保できないという人は、せめて寝る時間帯を調整しましょう。
朝方眠るのではなく、深夜に寝て早起きをする、というサイクルに変えてみてください。たとえば同じ4時間の睡眠でも、朝日や騒音で眠りが浅くなる時間帯より、体が本来休むべき時間に眠れば、眠りの質がグンと上がります。

また、タバコは気分転換やストレス解消には良いかもしれませんが、健康や肌のことを思えば決して良いものではありません。例えば、タバコを1本吸うごとに25mg以上のビタミンCが失われます。ビタミンCはメラニン生成を抑える大切な栄養素ですから、喫煙習慣を絶てない人は、ビタミンCサプリメントを利用するなどして、吸わない人の最低でも1.5~2倍のビタミンCを摂るよう心がけたいところです。

スポンサードサーチ

若肌狙いは気になるところから!日焼けによる「シミ・そばかす」はもちろんハイドロキノン!
紫外線対策とシミの原因をチェックしよう。若肌SOS!