話題のEGFとは?

美容業界注目のEGFとは?

美容業界で今一番の注目美容成分と言っても過言ではないEGF。

ではその成分は?何に作用するの?どうやって補給するのがいいの?

こういう疑問に今回はお答えしていきます。

1.EGFって何??

日本語で
「上皮細胞成長因子」と呼ばれるEGF(Epidermal Growth Factor)。
元々人間の体が持っているタンパク質の一種で、化粧品では、
「ヒトオリゴペプチド-1」の名で成分表示されます。

皮膚細胞の再生を促進させるというEGFの成分を発見した
アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士は、
この発見により1986年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

「ノーベル賞受賞成分」という冠がEGFにつくのはこのためです。

やけどの治療など医学の皮膚再生分野で主に使用され、
画期的な効果を上げていたEGF、当初は希少で高価だったのですが、
2000年に入ると大量生産技術の進歩によりコストダウンが成功。

2005年に厚生労働省の化粧品使用許可が下りたことから、
EGF成分配合の製品が続々誕生しました。
我々の身の回りで多く見れるようになったのです。

 2.EGFは何に効果があるの?

先に説明したように、EGFには皮膚細胞の再生を促進させる成分があります。
これは言いかえると、EGFが新しい皮膚の生まれかわり
(ターンオーバー)を助ける…ということ。

元々人間の体内で作られるEGFですが、その量はなんと、20歳をピークにどんどん少なくなり
40歳にはピーク時の約1/3にまで減ってしまうのです。

それは、つまり・・・
新陳代謝が低下し、それにより皮膚細胞の再生能力が落ちることにより、
結果として、ターンオーバーの期間(約28日間)が遅らせます。
このサイクルの遅れにより、様々なトラブル(シミ・シワ・たるみ・乾燥・
ハリがなくなるなど…)が起こります。

これが肌の老化と言われ、年齢を重ねるごとにお肌がどんどん老化していく
原因となっているのです。
放っておけば、減少していく一方のEGF、その対処法はないのでしょうか?

3.EGFの補給方法は??

減少していくなら、補えばいいのでは??
そうです。実はEGFという成分は肌への浸透力が高く、
直接塗るだけで補給できるのです!

しかも、他の成分の邪魔をすることなく、皮膚細胞の活性化と再生を
促進させる優等生の成分なんです。しかも、このEGF、塗り過ぎても、
副作用がほぼゼロという、ほんとに優秀な成分なんです。

それなら、使わなきゃ!!ですよね。

そこで、お手軽に補給できる3つの方法をご紹介しますね。

☆.お手軽補給その1 
ローション・美容液での補給

美容液はヒアルロン酸やコラーゲンの美容成分と一緒に配合されていることが
多いんです。

お手持ちの化粧品に+1ということで、お手持ちの化粧水と組み合わせたり、
化粧水として使うこともできるので、一番気軽に試せるのはこの方法かも
しれませんね。

リセットしたい肌年齢を美しい肌へ
エムディアEGFリニューローション



高ポテンシャルサプリメント ニューサイエンス