成長ホルモンも大切

成長ホルモンで老化を予防。そして回復へ

成長ホルモンは若さと健康を保つ上でも重要なホルモンですが、分泌量は30歳頃から低下を始め、その後10年で13%も低下してしまいます。
新陳代謝の15%を成している成長ホルモンは成長期以後分泌が減少し、それにより老化が始まります。

成長ホルモンを供給し続けることが老化を防止し、老化現象の回復にも効果をもたらすのです。

一方、女性ホルモンは真皮のコラーゲンの生成を促進し、紫外線の影響を受けにくくするといわれています。しかし、20~30代をピークにして、更年期を迎えると女性ホルモンの分泌はぐっと減って、コラーゲンの分泌量の低下や新陳代謝の低下を招きます。

成長ホルモンの分泌を促すためには日常生活を見直し、成長ホルモンの元になるアミノ酸を摂ったり筋力トレーニングなどを行うのがよいとされています。

成長ホルモンも女性ホルモンも脳がその分泌を司っているため、ストレスや疲れ、睡眠不足など、生活習慣が乱れると、分泌量が減ってしまうこともあるので注意が必要です。


高ポテンシャルサプリメント ニューサイエンス