ホーム&エステケア

日々の丁寧なスキンケアが若肌キープの基本

冬まで残さない、夏のダメージ肌

連日のように暑かった今年の夏。 紫外線の量も多かったことでしょう。
それなりに紫外線対策をしていたものの、"うっかり日焼け"をしてしまった人もいたはず。
その"うっかり"の影響が、秋から冬にかけて肌の表面に表れてきます。 特に夏場にダメージを受けた肌ほど、早めのケアが必要です。ホーム&エステケアで冬に残さない積極的な肌対策を行いましょう。

冬場の健康肌を考えた"インナードライ"対策のポイント

夏のインナードライドチェック

夏場は紫外線や汗など、肌に悪影響を起こす様々な要因がありました。 特に紫外線を浴びたことによって、肌の内部では 〝見えないダメージ. が進行しています。その代表はコラーゲンの破壊です。

コラーゲンが壊れて、たるみやシワが肌表面に表れるようになって… という流れはゆっくりと気付かないうちに肌の内部で進行していきます。

では、それに早く気づくためのサインはないのでしょうか。その一つがインナードライ(内部乾燥)です。
「この夏強い紫外線を浴びた記憶がないのに、肌が乾く」
「秋を迎えてファンデーションが粉をふくようになった」
「乾燥肌になった気がする」など、そんな肌の変化を感じたら、それはインナードライ が進行しているサインだと思ってください。

ダメージを受けた肌のケアは、早ければ早いほど回復するまでの時間が短くて済みます。それでなくても年齢を重ねるほど、肌の回復力は低下しています。夏場の肌ダメージは、意識した時からしっかりケアをして、肌に大敵なシーズンとなる冬場に備えましょう。

夏の間、ついこんなことをしていませんでしたか?

室内にいるときは、紫外線ケアをしていなかった

外出するときは日焼け止めを塗って、しっかりメイクをしていても、家にいるときはノーメイクで過ごしていませんでしたか?
外では「紫外線を浴びている」という意識も強いため、しっかりとケアしていた人も、室内では「エアコンも効いて涼しい」という安心感から、紫外線ケアを怠りがち。

曇りの日でも、室内で紫外線を浴びてしまっています。特にエアコンの効いた室内で長時間過ごしていた人は、紫外線による乾燥とエアコンによる乾燥の影響が起きています。

汗の拭き方なんか気にしなかった

汗は、べたつきやニオイ・化粧崩れなど良いイメージはありません。でも夏場は汗をかくのが当たり前で、肌にうるおいを与えてくれていると勘違いしていませんでしたか?

もちろん汗は水分ですから、角質層を膨潤させてくれますが、同時に角質をはがれやすくしてしまっています。
制汗シートやタオル、ハンカチなどでこまめに拭いていた方も、 無意識に肌をこすったり、強く押さえつけるように汗を拭いたりしていませんでしたか? 角質は汗によって、ちょっとの力でもはがれてしまいます。角質層が薄くなればそれだけ乾燥が進んでいきます。

暑いのでついついシャワーで済ませてしまった

夏場は暑くて、湯船に浸かる気分にならず、ついついシャワーで済ませてしまいがち。
しかも一日に何度も浴びて、汗を流すためにその都度洗浄料を使い、ついでに洗顔料で顔もさっぱりという方もいたはず。
シャワーは身体にとって最適な温度でも、洗顔にはちょっと高めです。しかも何度も洗顔していると、必要な皮脂まで洗い流してしまうので、 肌の乾燥が進んでしまいます。注意しましょうね。

不要な角質を取り除く
化粧水の前に肌を柔らかく
浸透を高めるため、コットンをつかって化粧水を
水分の蒸発を防ぐため、クリームは忘れずにあとは日焼け止めも


高ポテンシャルサプリメント ニューサイエンス