ノンシリコンシャンプーとは

頭皮の若肌づくり

話題のノンシリコンシャンプーで頭皮ケア

まるでお家が美容室?最近話題のノンシリコンシャンプーとは!

ノンシリコンとは文字通りシリコンが入っていないということです。

シャンプーの成分にジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンのような成分が書かれていれば
シリコン入りシャンプーです。これは従来のシャンプーに多いものです。

美容室に行くとお家では味わえないようなシャンプー・トリートメントを施され
同じような仕上がりを求めてわざわざ高い商品を買ってみたりしませんか?

その商品がノンシリコン処方や高級アルコールフリーで、頭皮を健康に保つ成分が豊富に含まれるシャンプーだったりします。

シャンプーは汚れを落とすためのものなので、当然「洗浄成分」が入っています。その洗浄成分の中でも泡立ちがよく
洗浄力の強いものがあり、洗うと髪がキシキシになるくらい汚れを落としてくれますが、使用感はよくないです。

こういった問題を解消するためにシリコンを入れて指通りをよくし使用感をよくしています。
シリコンはコーティング剤の一つで、洗っているときのキシミで髪の毛が指に絡む、洗ったあとのキシキシ感をなくす役割があります。

しかし、それではせっかく洗っても頭皮や髪の毛にシリコン等のコーティング剤が残り、洗ったことにならないのでは?というのが
ノンシリコンが注目の的となった理由の一つです。

「シリコン」が入っていないと洗浄重視のため、使用感が悪いように思えますが、ノンシリコンであっても
アミノ酸系ベタイン系の洗浄成分であれば、マイルドなのに洗浄力があり指通りもよいシャンプーもあります。

髪と頭皮をエイジング
ノンシリコンで洗浄成分や殺菌成分が配合されているシャンプーを使うことは、頭皮や髪の毛の汚れをきちんと洗い流し
「洗顔後の素肌」のような状態にするというのが目的であり、そこから始まる髪の毛が健康に育つ環境作りへの第一歩ではないかと考えられます。

数あるノンシリコンシャンプーですが、余分な皮脂は落とさず、肌にも優しい低刺激のものなら髪の毛や頭皮にも負担はかからないでしょう。
タイプで言うなら髪の毛や肌の成分、タンパク質に近い成分のアミノ酸系がおすすめです。

そしてシャンプーには必要のないシリコンですが、髪質によってはノンシリコンで洗った後にシリコン入りのトリートメントを使うとよい場合があります。

化粧品にも使われているようなタイプのシリコンなので問題はありません。

シリコンは髪の毛に皮膜を作るので、髪の毛が多く、艶と落ち着きと指通りよく仕上げたい人には向いています。

逆に、ボリュームが欲しい人にはシリコン入りは向いていません。ノンシリコンタイプならシリコンによる皮膜がないので髪が軽くなって
根元からの立ち上がることでボリュームが出るからです。

ノンシリコンシャンプーで健康な髪の毛を育てる環境を作りつつ、シャンプー後は自分に合ったケアをすることが
結果的に髪の毛や頭皮を守る事へと繋がるのです。

髪質で見た目の年齢がぐっとかわります。頭皮と髪質のエイジングケアも怠らないようにしましょうね。

シリコン入りと言っても、トリートメント等は基本的に毛先だけのケアと言っても過言ではないので、頭皮への心配はいりません。
上手に使って自分に合ったヘアケアを見つけましょう。

ノンシリコンシャンプーカミハダ



高ポテンシャルサプリメント ニューサイエンス