飲む日焼け止めで老化を防ごう

だれもが持っている悩み、それは老化。
このサイトでは美容ドクターである、橋本慎太郎先生が「老化」に関する様々な情報を分りやすくご紹介しています。アンチエイジングは女性にとっては永遠のテーマ。

紫外線による肌の老化対策、ビタミンAによる遺伝子レベルからの修復、飲む日焼け止めによる内側からのアンチエイジング。これらの仕組みについていろいろ学んでいきましょう。

光老化の脅威!塗る&飲む日焼け止めの大切さ

飲む日焼け止め

「肌老化の原因ワースト1位」をご存知でしょうか?
肌の老化には、おもに加齢によって体の機能と代謝が自然と落ちていく「生理老化」と、紫外線の影響で老化が進行する「光老化」の2つがあります。そして肌が老化する原因の約8割は、光老化が占めています。

光老化を引き起こす紫外線は、波長によってUVAとUVB、UVCの三種類に分けられ、季節や天候を問わず一年中降り注いでいます。UVAとUVBは日焼けのような皮膚上の炎症だけでなく、シミやたるみを引き起こす深刻な肌老化の原因になります。

その為、日焼け止めを日常生活に取り入れることで、こういった紫外線からの老化を守ることができ、基本的なアンチエイジング対策が可能となります。

◎紫外線A波(UVA)の悪影響

波長が長く肌の奥まで到達し、肌老化を進行させるUVAは皮膚の中のメラニン色素を増やし、皮膚を黒化させる日焼け(サンタン)を起こします。さらに、コラーゲンやエラスチンにダメージを与え、肌のハリ・弾力を失わせて、シミやシワ、たるみを引き起こします。※飲む日焼け止めが有効

◎紫外線B波(UVB)の怖さ

波長は短いですが影響力が大きく、皮膚がんの原因になります。
UVBを浴び続けると皮膚が赤くなり痛みを伴う日焼け(サンバーン)をひきおこします。※塗る日焼け止めが必要です。

サンバーン(赤くなる事)が重症の場合は皮膚が水ぶくれを起こし、火傷のような状態に。また、DNAにダメージを与えて皮膚がんのリスクを上昇させます。

紫外線

まずは、日焼け止めを使いましょう

紫外線が降り注ぐのは、晴れた日の屋外だけだと思っていませんか?実は曇りや雨の日でも、紫外線は雲やガラス窓をも透過して降り注いでいます。紫外線から肌を守るために、日中は時間帯を問わず日焼け止めを使うように致しましょう。

★用途に合わせて選ぶ

飲むタイプ、スプレータイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ローションタイプ、パウダータイプなど、様々な形状の日焼け止めがあります。使う部位や用途、場所に合わせて選びましょう。

★塗る日焼け止めはSPF値で選ぶ

紫外線をブロックするパワーはSPF値で示されます。日常生活の紫外線予防ならSPF35程度で十分。

アウトドア、屋外での活動の場合はSPF50を選びましょう。ただし、効力は数時間で半減しますので、こまめな塗り直しをお忘れなく!

そして遂に、飲む日焼け止めが登場

飲む日焼け止めにはこんなに便利なことがあります。

  • 塗りむらや塗り忘れが心配
  • 塗り直しが面倒くさい
  • 日焼け止めにかぶれる
  • 海や山、紫外線の強い場所に行くときのプラスアイテム
  •  

そんな方には、サプリメントタイプの「飲む日焼け止め」がおすすめ。
主成分はシダ植物「フェーンブロック」やローズマリー、グレープフルーツから出来る「ニュートロックスサン」といった天然由来のもの。

商品によってはビタミンC、ビタミンE、ビタミンDといった美容成分も配合されているものもあります。日光を浴びる30分前に1錠(1カプセル)を飲むと2時間程度効果が持続するという設計のものや、1粒で1日OKといったものもあります。
飲む日焼け止めは、ドクターズショップやドラッグストアなどで購入できるので試してみてはいかがでしょうか。

飲む日焼け止めの必要性

地球上の環境破壊が進み、オゾン層にオゾンホールが発生した結果、私たちに届く紫外線の量は少しずつ増え続けてきました。紫外線対策には、日焼け止めクリームやジェルをこまめに塗ることが一番ですが、より確実に紫外線の脅威から体を守るために「飲む日焼け止め」というジャンルに注目が集まりました。

飲む日焼け止めの仕組みとは?

飲む日焼け止めは、紫外線によって発生する過度な活性酸素と、それがもたらす細胞の酸化、DNAの損傷等から体の中をまもってくれます。その為、体の中で働く「飲む日焼け止め」といえますね。※活性酸素自体は、有害な物質、細菌等からからだをまもってくれますが、活性酸素が発生しすぎると体に害を(老化)もたらします。


内側から守る新発想

今まで主流であった塗る日焼け止めは、紫外線から皮膚をガードするという、外側から守るという考えで機能していました。肌の表面を日焼け止めクリーム(ローション、ジェル)で覆い、降り注ぐ紫外線を傘で遮るように物理的にブロックする仕組みです。

それに対して飲む日焼け止めは、直接紫外線をブロックすることはできませんが、紫外線によって引き起こされる体内の過度な活性酸素が体に悪影響を与えないように自分で自分を守る力(免疫力)を高め、酸化を防ぐ抗酸化力と、炎症を抑える力(抗炎症作用)を与えてくれます。これらが総合的に作用して、体の中から紫外線の悪影響を追い出してくれます。

1.飲む日焼け止めに含まれる免疫調整成分

「免疫調節作用」⇒細胞を守る
飲む日焼け止めに配合されている主成分は熱帯地域が原産のシダ植物(成分:フェーンブロック)や、ローズマリー、グレープフルーツのポリフェノールから開発された天然成分ニュートロックスサンなどが配合されております。これらは年間を通じて紫外線量が非常に高い地域の植物であり、こういった植物が自分自身をまもる仕組みについて注目し、ある研究者によってこの作用が発見されました。シダ植物から生成された成分は、がんの治療に使われている例もあります。

紫外線を浴びたときに受けるダメージの大小差は、人それぞれの免疫力の差から生まれます。シダ植物が持つ優れた免疫調整作用は、紫外線を浴びることで細胞が傷つく(DNAが損傷する)のを予防し、体に与えるダメージを軽減してくれます。

2.飲む日焼け止めには、炎症を抑える成分も配合

「抗炎症作用」⇒日焼け防止
紫外線を浴びた時に起きる炎症(サンタンやサンバーン)を抑え、色素の沈着を抑制してくれるのが、ビタミンCやビタミンEなどの抗炎症成分です。

ほとんどの飲む日焼け止めに「食べる美白成分」とも言われるビタミンCが配合されています。 ※一般的に市販されている「飲む日焼け止め」と言われるサプリメントには、皮膚の日焼け(黒くなる)ことを防ぐ事は出来ません。

活性酸素を抑える

「抗酸化作用」⇒メラニン色素を減らす
飲む日焼け止めに使われるシダ植物の成分(フェーンブロック)やローズマリーやグレープフルーツから出来る成分(ニュートロックスサン)には、活性酸素(チロシナーゼ)を抑制する、抗酸化作用があります。活性酸素は細胞を酸化させたり、メラニン色素の生成に関わり、肌を黒くするだけでなくシワやタルミ、シミ、そばかすなど肌の老化を早めてしまいます。シダ植物やローズマリーの成分にはこの活性酸素を除去する働きがあります。

※このほかにも、飲む日焼けには新陳代謝をアップさせる「ビタミンB群」や、紫外線から目を守る「ルテイン」、抗酸化作用をもつ「リコピン」 などが配合されているものもあります。

使用上の注意

飲む日焼け止めで、体の中からUVケア

紫外線の脅威から私たちを守ってくれる「飲む日焼け止め」
これはお薬(医療用医薬品)ではありません。ドクターズショップやドラッグストアで取り扱われているサプリメントのひとつです。分類としては食品になりますので、使用の量、方法などは個人に任されています。

※飲む日焼け止めの効果は、「紫外線が身体に及ぼす悪影響を排除する」こと。日焼けによって肌が赤くなるサンバーンを防ぐ効果はありません。

紫外線を浴びたときに起こるダメージを肌細胞に伝わりにくくする「免疫調節作用」があります。シミやシワ、たるみといった肌老化の原因を起こす活性酸素の産生を抑制します。

※飲む日焼け止めの用法、用量は製品によって異なります。効果をしっかりと得るためには、メーカーが推奨する用量・用法で使用しましょう。

例1)必要なときだけ、1度に1粒、外出する30分前に飲む。
1日の上限は2粒。効果は約2時間持続する。
例2)日焼けが気になる期間は継続して1日に2粒ずつ飲む。

※飲むタイミング・・・空腹時は錠剤を消化するのに胃に負担がかかり、時間もかかります。空腹時はなるべく避け食後に飲むのがおすすめです。

飲む日焼け止めに副作用はあるのか?

「飲む日焼け止め」はサプリメント(食品)なので、摂り過ぎなければアレルギー以外には副作用もありません。1日の摂取目安量は製品によって違いますので、パッケージ等を確認しましょう。

※アレルギー体質の方、病気で治療中の方、服薬中の方、妊娠・授乳中の方は、かかりつけ医または薬剤師に相談の上、使用しましょう。

※飲む日焼け止めは錠剤タイプもしくはカプセルタイプがほとんどで、やや大きめの形をしています。小さなお子さんやお年寄りが飲んだ場合には喉に詰まらせる恐れがあるので、無理なく飲める年齢になってから使用するようにしましょう。

合わせ使いで紫外線をWカット!

日焼け止めクリーム(ジェル)をプラス

UVカット

絶対に日焼けしたくない方、日焼けを起こしやすい体質の方は、飲む日焼け止めを飲んだ後に、肌が露出する部位に日焼け止めを塗っておくと、日焼け止め効果が一層高まります。

UVカット機能がある日傘や帽子、衣類をプラス

外出の際は日傘、帽子、サングラス、UVカット機能のある衣類などを利用し、紫外線を浴びる量そのものを減らす努力も大切です。特に、目をガードするサングラス(UVカット機能つきのメガネ)をお忘れなく。

食べる日焼け止めも

飲む日焼け止めも試してみたいけど、もっと身近なもので紫外線対策することはできないの?

そう思う方は、「食べる日焼け止め」も取り入れてみましょう。※飲む日焼け止めもある意味食べる日焼け止めですが、以下では食品についてピックアップいたします。
紫外線に強い体質、弱い体質があるように、日焼け止めとしてどの方法が効くのかにも個人差があります。自分に合った紫外線対策法を見つけましょう。


「紫外線に強い肌作りは食べ物から」

緯度の低い赤道付近の国(南米のペルー、インドネシアのバリ島など)は世界でも有数の強紫外線地域。ここに住む方の食べ物をみると、紫外線から体を守る秘訣が分かります。
「塗る日焼け止め」「飲む日焼け止め」と合わせて、紫外線に負けない肌と体を作りましょう。

●トマト

アンデス山脈が原産。

トマト

カロテノイド(カロテン:脂溶性の赤色色素)の一種、リコピンが豊富。リコピンは活性酸素を除去する抗酸化力とチロシナーゼ抑制力が非常に高く、「食べる日焼け止め」として威力を発揮する。
リコピンは、トマトだけではなく、赤い植物には含まれていますから、スイカなども同じような効果がある。
このリコピンですが、加熱するとより増加するので、トマトソースパスタなどいかが?
※紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、肌のシワ、たるみの原因になる。
※チロシナーゼはメラニンを作る働きがあり、過剰に働きすぎるとシミの原因になる。

●サツマイモ

サツマイモにはβカロチンが含まれている。このβカロチンは日焼け防止に効果的である。UV対策の化粧品などにも使用されている成分で、シアニン、ペオニジンなど酸化防止効果のある成分も含まれている。

●ブロッコリー

ブロッコリーなどの緑色の野菜は、βカロチンはもちろん、葉酸、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含んでいる。これらの栄養素は、日焼けして傷ついた皮膚を修復する作用がある。話題の、ブロッコリースプラウトには、スルフォラファンが多く含まれ、皮膚がん予防に効果がある。

●魚

実は、魚は「食べる日焼け止め」と言われるほど、日焼け止めの防止効果がある。特に、鮭、ニシン、サバ、マス、イワシにはオメガ3脂肪酸という成分があり、紫外線から肌を守ってくれます。切り身の魚を、週に2回ほどで十分な量のオメガ3が摂取される。特に、脂肪分の多いものを選ぼう。

●カボチャ

南北アメリカ大陸が原産。

カロテン、ビタミンAが豊富で、日焼け止め効果が期待できる。種子から作るパンプキンシードオイル(オメガ3必須脂肪酸)には酸化防止作用と抗炎症作用がある。


●アーモンド

アジア西南部が原産。

アーモンド

ビタミンEの含有率が非常に高く、活性酸素による酸化を防ぐので日焼け止め効果が高い。また、アーモンドの油分は不飽和脂肪酸の一種、オレイン酸。抗酸化成分のポリフェノールを多く含んでいる。 毎日20粒のアーモンドを食べている人は、食べていない人よりも日焼けがしにくいという実験結果もある。小腹がすいたときに、どうせ食べるなら、アーモンドを食べよう!

●ザクロ

ザクロは、酸化防止剤が多く含まれている。日焼け防止効果の他に、美白効果もある食品。ザクロのように、赤い果物には同じ成分が含まれている。すいか、イチゴ、クランベリーなどです。シュースにすれば摂取しやすいかも。

●ダークチョコレート

カカオ70%以上のチョコレートには、ポリフェノールやカテキンが多く含まれている。これらの成分が、日焼け防止の効果がある。ただし、ミルクチョコレートは、ミルクがポリフェノールの吸収を抑えてしまうので効果は期待できない。

●ココナッツオイル

ココナッツオイルに含まれる、飽和脂肪や中鎖脂肪酸は日焼け対策にはもってこいの成分。1日、1/4カップほどの摂取が好ましいとされていますが、そのままで食べるのが苦手な方は、飲み物に混ぜたり、パンに塗ったりすれば大丈夫だ。
また、SPFはやや低めですが、塗る日焼け止め代わりとして、直接肌に塗ってもいい。

●アボカド

アボカドの健康・美容効果はとても有名ですが、ギネスに認定されているほど栄養価が高い果物。ビタミンA群・B群、ルチン、不飽和脂肪酸、コエンザイムQ10などたくさんの天然のUVカット成分が含まれている。

●キヌア

アンデス山脈が原産の雑穀。

リノレン酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸を含み、紫外線対策に有効。また、マグネシウムやリン、鉄分などのミネラル分やビタミンB類も豊富。同種の雑穀アマランサスにもほぼ同様の効果がある。


●アサイー

ブラジルが原産のヤシ科の植物の果実。

強い紫外線が注ぐ熱帯雨林で育ち、スーパーフードと言われるほど栄養価が高い。ビタミンA、ビタミンB類、ビタミンEのほかポリフェノールなど抗酸化成分が豊富なので、食べる日焼け止めとして非常に高い効果を持つ。

●マテ茶

南米ブラジル、アルゼンチン原産のお茶。

イェルバ・マテという植物を乾燥させて作る。「飲むサラダ」とも言われるほどポリフェノール(フラボノイド)が豊富で、緑黄色野菜の少ない地域で紫外線対策に役立っている。

※逆に、紫外線から体と肌を守るために避けておきたい食べ物は、砂糖、サラダ油、マーガリン、加工食品です。摂り過ぎに注意しましょう。


パプリカを見直して!

パプリカ

日本人はどれだけ緑黄色野菜を食べてる?

厚生労働省が設置した日本人の緑黄色野菜の摂取目標は、120g/日。 実際の摂取量は、実は年々減少していて、2013年では85g/日程度になっており、20代の若者の摂取量が一番少ないことが分かっています。

緑黄色野菜の何がいいのか?

カロテノイドとは

赤や黄色や緑といった色素の素となっているのがカロテノイドという成分。現在見つかっているだけで約600種類ほどだとか。

何がいいって、もちろんその鮮やかな色彩で食卓を飾り食欲を促すことも目的の一つ。

しかし最も注目すべき効果は、その抗酸化力!!


カロテノイドは、カロテン類とキサントフィル類に大別されます。

その中でもキサントフィル類は、カロテン類より赤血球に含有されやすく、激しい運動、紫外線、喫煙、ストレスなどの要素で発生する活性酸素の損傷から赤血球を守ってくれます。

結果、動脈硬化や糖尿病、ガンなどの予防、皮膚や目の粘膜の保護など、あらゆる病気から体を守ってくれることにつながります。

パプリカのキサントフィルがミソ!!

カロテノイド色素
分類 成分・色素 野菜・植物
カロテン αカロテン ニンジン、かぼちゃ
βカロテン ニンジン、ホウレンソウ、かぼちゃ
リコピン トマト
キサントフィル ルテイン 黄色 マリーゴールド、ブロッコリー、ホウレンソウ
ゼアキサンチン パプリカ、卵黄、ホウレンソウ
アスタキサンチン 赤色 エビ、鮭、いくら、かに
βクリプトキサンチン 黄色 柑橘系の皮、トウモロコシ
カプサンチン、カプソルビン
赤色
赤トウガラシ 
フコキサンチン 赤褐色 昆布、ワカメなどの海藻類

※カプサイシンはトウガラシに含まれる辛み成分で、色素ではなくパプリカには含まれていません。



植物は光合成によってカロテノイドを生成し自分の体を活性酸素から守っているのですが、人間はカロテノイドを自分で作ることができないため、緑黄色野菜を積極的に食べて摂りいれなければならない、ということです。


動物も自分でカロテノイドを作ることができません。

ニワトリは黄色のカロテノイドを多く含むトウモロコシを食べることにより、卵の黄身が黄色くなるのはご存知でしたか?

そこでパプリカのキサントフィルに注目

このカロテノイドのキサントフィル類が一番豊富に含まれている野菜が、赤パプリカ

実は、ものすごーく優れた野菜なんです。


日本にパプリカが登場したのは輸入を開始した2000年ころ。


日本にそもそも自生していない野菜は、日本人の体は必要としていないのではないか?という考えはあります。しかし、前述のように今の日本の環境は、国という区切りはあれど国境がなくなってきていますよね。


紫外線も
大気汚染も
ストレスも
激しいスポーツも

活性酸素発生の要因は他国と変わりません。

激しい運動

日本になじみ深い緑黄色野菜、トマトやニンジンはカロテノイドであるカロテン類を豊富に含みますが、実はキサントフィル類がほとんど含まれていません。


また赤パプリカに含まれるキサントフィル類であるカプサンチンやカプソルビンなどは、同じキサントフィル類のアスタキサンチンの抗酸化力を上回っていることが分かっています。

パプリカの抗酸化力>その他モロモロ

パプリカの食べ方

パプリカの食べ方カレーライス

サラダとして生食もいいのですが、カロチンは油との相性がいいので、油いためやマリネ。

キサントフィルも熱に強く、油との相性がいいので、フライパンやオーブンでの調理に向いていますよ。


パプリカのカロテン類が低いとはいえ、トマトと同じくリコピンも豊富です。


リコピンは

  • 加熱
  • オリーブオイルのようなビタミンEと一緒に摂取する
  • 細かく刻む
  • ことで吸収率が3~4倍に上がります。


    赤パプリカはビタミンCも最強

    赤パプリカはビタミンCが食品の中でダントツ1位でも知られています。


    100gあたり170mg


    ビタミンCの1日の摂取量は、150mg~1500mgと目的に合わせていくら摂取してもいいのですが、1回につき50mgが適量と言われています。多ければおしっことともに流れ出てしまうだけです。赤パプリカ1個が150gほどですので、一日のうちの一食で4/1個食べれば十分な計算ですね。


    もう一つ、パプリカのすごいところは、柑橘系やキュウリ、キウイ、セロリなどに含まれる「ソラレン」が含まれていないこと。

    「ソラレン」は紫外線を吸収するため、日光に当たる前に摂取しないようにしたいもの。

    お肌ケアにビタミンCを食べ物から摂る場合は、朝や昼はパプリカやトマト、ゴーヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、レッドキャベツなどを食べてくださいね。


    ここでは詳しく書きませんでしたが、オレンジや黄色のパプリカもビタミンCが豊富ですよ。 1/4個のパプリカ料理

    もちろんほかの緑黄色野菜や食品もバランスよく摂ってくださいね。


    パプリカを「サラダの彩の一つ」、という「お飾り」としての使い方が主流で、いわゆるパセリ的な使い方ではありませんでしたか?


    ※ちなみにパセリはビタミンC含有量2位です。

    パプリカはもはや『お飾り』ではない!

    今後のパプリカの価格に期待

    そんなに栄養価の高いパプリカなら、買おうかな、、、、え?!

    そうです、パプリカって結構なお値段なんです。

    通年見かけるのは韓国産で100~150円で購入できます。他はニュージーランドやオランダ産。

    国産は一つ200~300円以上はして、ちょっと手が出せないのも事実。


    韓国は10年前から自由貿易協定の推進を強力に行った結果、高付加価値なパプリカ産業を成功させたのです。


    それに対抗すべく日本各地でもパプリカの栽培がおこなわれ始めました。価格の面ではまだまだ追いていないのが現状。

    そのため日本人のパプリカ消費量は、年間赤パプリカ1個、黄パプリカ1個に留まっています。


    日本人としてはせめて野菜は国産のものを食べたいですよね。

    4月~7月は国産のパプリカが出回りますので、是非食べ比べてみてください。


    日本が農業立国に生まれ変われることを願って、こんなに優等生のパプリカ、輸入物でも結構!積極的に食べましょう!これらを食べれば、飲む日焼け止めの完成ですね

    上手に年を重ねて、いつまでも若々しい奇跡の50代を目指しましょう。

    パプリカを食べよう
    最新情報